Icon--AD-black-48x48Icon--address-consumer-data-black-48x48Icon--appointment-black-48x48Icon--back-left-black-48x48Icon--calendar-black-48x48Icon--Checkbox-checkIcon--clock-black-48x48Icon--close-black-48x48Icon--compare-black-48x48Icon--confirmation-black-48x48Icon--dealer-details-black-48x48Icon--delete-black-48x48Icon--delivery-black-48x48Icon--down-black-48x48Icon--download-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--externallink-black-48x48Icon-Filledforward-right_adjustedIcon--grid-view-black-48x48IC-logoutIC-upIcon--info-i-black-48x48Icon--Less-minimize-black-48x48Icon-FilledIcon--List-Check-blackIcon--List-Cross-blackIcon--list-view-mobile-black-48x48Icon--list-view-black-48x48Icon--More-Maximize-black-48x48Icon--my-product-black-48x48Icon--newsletter-black-48x48Icon--payment-black-48x48Icon--print-black-48x48Icon--promotion-black-48x48Icon--registration-black-48x48Icon--Reset-black-48x48share-circle1Icon--share-black-48x48Icon--shopping-cart-black-48x48Icon--start-play-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--summary-black-48x48tumblrIcon-FilledvineIc-OverlayAlertwhishlist
ボッシュ 自動車用 アフターパーツ

ESI[tronic] 2.0オンラインを使用してセキュリティで守られた診断

ボッシュの診断ソリューションを使用すると、保護された車両データへの鍵を常に手元に置いておけます。

今日、最新の自動車電子機器は改ざんやハッキング攻撃の脅威にさらされています。EU規則2018/858の発効により、自動車のデータを不正アクセスから守られなければなりません。ESI[tronic] 2.0オンラインとインターネット対応の診断テスターを使用すれば、保護された自動車電子機器を搭載した車両を以前と変わらず制限を受けずに修理できます。

2020年9月以降、欧州の新型車は安全な診断手段の装備を義務付けられます。このため、自動車メーカーはOBDインターフェースを使用して自動車の電子機器へのアクセスを保護する計画です。FCAグループ(フィアットとクライスラー)やメルセデス・ベンツAGなどの自動車メーカーは、すでに初の保護対策を新型車に導入しています。他の自動車メーカーもこれに続くでしょう。

自動車メーカーがさまざまなセキュリティコンセプトを導入することで整備工場での診断作業は影響を受け、メーカーのポータルへの登録など自動車メーカーそれぞれの要件が必要になる可能性があります。

多くのメーカーでは、車両を事前認証またはロック解除しないとデータの削除、調整などの能動的診断ができなくなっています。

したがって、将来的には、フルに車両診断したり、運転者支援システムをエーミングしたりできるのは認定メカニックのみになるでしょう。

しかし、将来的には、フルに車両診断したり、運転者支援システムをエーミングしたりできるのは認定メカニックのみになるでしょう。

診断中の安定したインターネット接続や最新世代のKTS診断テスター(KTS 560、KTS 590、KTS 350、KTS 250)により、自動車メーカーのセキュリティコンセプトに基づいて、オンラインセキュリティ証明書を交換して保護された診断機能のロックを解除できるようになります。

ESI[tronic] 2.0 オンライン
ESI[tronic] 2.0 オンライン

アクセス保護されたメルセデス・ベンツ車の修理が無制限に

アクセス保護されたメルセデス・ベンツ車の修理が無制限に

メルセデス・ベンツAGは、安全コンセプトを実施するために2段階で取り組んでいます。第1のステップでは、車両の電子部品をいわゆるシード&キー方式で保護します。

これは、保護された機能を使用可能にするための特別なアルゴリズムに基づいています。動作モードはセキュリティゲートウェイと似ていますが、ボッシュソリューションでは自動車メーカーのポータルへの登録は必要ありません。

第2のステップとして、メルセデス・ベンツAGは今年、このセキュリティコンセプトをさらに拡張する予定です。詳細については後日発表することになっています。

ESI[tronic]の最新バージョン2020/1.02では、メルセデス・ベンツ車を無制限に修理できます。

アクセス保護されたFCAグループの自動車での作業が無制限に

FiatSGWUnlockEsiEN

ESI[tronic]のサービスパック2019|3では、FCAグループのセキュリティゲートウェイで保護された車両をフルに診断できる機能が提供されています。FCAとの協力により、 直接ESI[tronic]を使用して保護された状態で診断できます。

自動車が保護されている場合、ESI[tronic]はその旨をユーザーに知らせて、保護された診断を行っている間素早く、明確に指示を出します。ESI[tronic]内のリンクからFCAのウェブサイトに登録し、必要な認証データを取得すれば、無制限の診断から始めることができます。

ボッシュの診断ソリューションを使用した信頼性の高い診断

専門的サービスと専門的修理には整備工場での診断がますます重要になってきています。

世界的に実績のある車両診断ソフトウェアESI[tronic]は、トラブルシューティングから修理まで包括的なサポートを提供し続けています。ESI[tronic] 2.0オンラインを使用すると、常に最新技術を知ることができ、メンテナンス図面や配線図、修理やトラブルシューティングの手順、150を超えるブランドの故障事例情報(EBR) を継続して利用できます。

「故障事例情報」機能のライセンスを取得しているESI [tronic]ユーザーは、100万件以上の実際の使用事例と車両とを組み合わせた情報を利用できます。

新世代のボッシュ車両診断ソリューション(KTS 560、KTS 590、KTS 350、KTS 250)は、現在のすべての車両インターフェースをサポートしています。診断ユニットKTS 560、KTS 590、KTS 350を使用すると、DoIPなどの次世代の技術も整備工場で問題なく対応できます。

プロの要求に応えるために開発されました。整備工場の日々の作業をサポートします。

KTS560+590_緑_写真_CD2016_2
KTS_330_緑_右_OBD付き_新_CD_画像
KTS_250_mit_Kabel_リンク
関連製品 (2)